デウソン神戸

VS しながわシティ【5節】7/3(土)13:00@横浜武道館

 

【Fリーグ 第5節】デウソン神戸 VS しながわシティ

第5節 7月3日(土)
13:00 Kick off
@横浜武道館

デウソン神戸 0 (0-3,0-5) 8 しながわシティ

デウソン神戸メンバー表

スターティングメンバー サブ
ポジション 背番号 名  前(交代) ポジション 背番号 名  前(交代)
GK 1 馬場 翔太郎 FP 2 山崎 椋太
FP 6 湯浅 拓斗 FP 3 赤木 大星
FP 7 霜出 聖也 FP 8 前野 俊哉
FP 14 佐川 裕己 FP 9 佐々木 淳
FP 20 岡本 生成 FP 10 武石 高弘
FP 11 今道 拓也
GK 12 江波戸 紘之
FP 13 山野 瞭
FP 18 小西 雄大

 

マッチレポート

FリーグDivision2は3回戦総当たりで争われるが、早くも1巡目の最終戦。
対戦相手は、昨シーズンのF2を制し、全日本フットサル選手権ではF1勢を次々と倒し優勝を飾ったしながわシティ(旧トルエーラ柏)
昨シーズンの対戦成績は次のとおり。
●0-2(0-0.0-2)
●1-3(1-0.0-3)
一進一退の展開の中、勝負所で決められて惜しい敗戦。
デウソン神戸が優勝、F1昇格を目指すうえでは、絶対に勝たなければならない相手。
ボラをはじめ積極的な補強も行った強敵、今回の一戦も簡単ではない。

第1ピリオドキックオフ。
デウソン神戸は、強敵相手にもいつも通りの戦いを仕掛ける。
前線からのプレス、ボールと人が動く攻撃。
立ち上がりまもなく、しながわゴールに攻め込むシーン。
今日のデウソンは期待できるかも?と思われた矢先、開始わずか1分。
ゴールと距離のあるキックインから簡単に失点。0-1。
格上相手に早すぎる時間帯での失点が、デウソンの空気を重苦しいものにしていく。
6’25”、またも失点。0-2。
しながわは、幸先良い展開になったこともあり、躍動感のある攻守を魅せる。
デウソンの攻撃には素早いプレスで対応、デウソンはなかなか相手ゴールに近づけない。
それでも、徐々に落ち着きを取り戻し、お互いに決定機をものにできない状況が続く。
このまま第1ピリオド終了かと思われた19’18秒。またも失点。0-3。
第1ピリオドは、しながわのシュート数23本に対して、デウソンはわずか4本。
チャンスを作ってもシュートまで行けない、行かせてもらえない。
前節までとは明らかに違う、牙をむいたしながわが、そこにいる。
第2ピリオド、どう戦うのか?注目が集まる。
第2ピリオドもデウソン神戸は自分たちの戦い方を継続する。
しかし、ここぞという場面でのしながわの守備は強固。
チャンスを決めきれないでいると、31’34″、失点し0-4。
ここで鈴村監督はパワープレーに打って出る。
だが、その直後、パス交換のエラーが。味方の下げたボールは誰の触れずデウソンゴールに吸い込まれる。
0-5。直後にも決められ0-6。
今シーズン、劇的な逆転劇や、追いつこうと迫る相手を振り切った、粘り強いデウソン神戸の姿は見られない。
CKから簡単にボレーを決められ0-7。
第2PKを献上し0-8。その後の第2PKはかろうじて凌ぐも、0-8で試合終了。

会場をうならせる攻撃もあった。
最後まで走りぬく気迫もスタミナもあった。
だけども、昨シーズンですら経験したことの無い大敗を喫した。

この大きな壁を超えるために何をすべきか。
大きな課題を突き付けられた試合であった。

中断期間を経た9月からの第2く

監督・選手コメント

<鈴村監督コメント>
しながわシティとの試合は0-8での敗戦となりました。
結果を出せませんでした。
この経験を糧にし、中断期間でのレベルアップします。
9月の再開に向けて頑張ります。
引き続き応援よろしくお願いします。

⚽️次の試合のお知らせ⚽️

9/12(日)16:00 kickoff🔥

デウソン神戸 vs 広島エフ・ドゥ

会場は大和興産安佐北区スポーツセンターで行われます!たくさんの応援よろしくお願いします📣

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE