デウソン神戸

VS ポルセイド浜田【3節】6/19(土)15:00@グリーンアリーナ神戸


ELEVENで試合を視聴する

【Fリーグ 第3節】デウソン神戸 VS ポルセイド浜田

第3節 6月19日(土)
15:00 Kick off
@グリーンアリーナ神戸

デウソン神戸 7(2-0,5-0)0 ポルセイド浜田
得点者
デウソン神戸:20 岡本 生成、10 武石 高弘、10 武石 高弘、14 佐川 裕己、10 武石 高弘、9 佐々木 淳、9 佐々木 淳

デウソン神戸メンバー表

スターティングメンバー サブ
ポジション 背番号 名  前(交代) ポジション 背番号 名  前(交代)
FP 6 湯浅 拓斗 GK 1 馬場 翔太郎
FP 8 前野 俊哉 FP 3 赤木 大星
FP 12 江波戸 紘之 FP 9 佐々木 淳
FP 14 佐川 裕己 FP 10 武石 高弘
FP 20 岡本 生成 GK 11 今道 拓也
FP 13 山野 瞭
FP 16 藤原 裕也
FP 17 森本 碧
FP 18 小西 雄大

マッチレポート

2019シーズン最終戦、1,588名もの観衆の前でのゲームから約1年半。昨シーズンは新型コロナの影響で全試合無観客試合。
待望の有観客試合再開にクラブ全員が燃えた。
新型コロナの影響は未だ収束しない中、社会生活を支えてくださる皆様、スポーツをフットサルを支えてくださる皆様、様々な方のご尽力のおかげでフットサルができることに感謝し、新型コロナ対策を万全に行なった上での開催となった。
この日のメンバーには前節から変化が。
開幕から2節を怪我のため欠場していた7霜出聖也、2山崎椋太がメンバーに名を連ねた。7霜出聖也は2017シーズン以来のデウソン神戸復帰。円熟味を増してきたプレーに期待がかかる。
3週連戦の初戦、鈴村監督の采配にも注目が集まる。
第1ピリオドキックオフ。
スターティング5は、Fリーグ初先発となるGK12江波戸、FPは6湯浅、8前野、14佐川、20岡本。20岡本は、古巣ポルセイド戦でのゴールを誓ってピッチへ。
立ち上がりから、自陣に守備ブロックを敷き引いて守る浜田。デウソンはボールを保持し積極的に攻める。チャンスもあるが、浜田の守備に掛かり、カウンターから危ない場面もたびたび訪れる。カウンター攻撃後のCKなど押し込まれ気味の時間もあったが、GK12江波戸を中心に硬い守備でゴールを死守する。
得点のないまま10分が過ぎ、重苦しさが漂い始めた13分50秒、ついに先制点が生まれる。20岡本の移籍後初ゴール。6湯浅からのパスを冷静に決める。昨シーズンバサジィ大分に移籍するも怪我に苦しみ今シーズンデウソン神戸に加入した若手が、宣言通り古巣相手にゴールを決めた。
15分33秒、エース10武石がCKからゴール。2−0とリードを広げる。
その後もチャンスを作るが決めきれず2−0で折り返す。
第2ピリオド、開始早々からゲームが動く。
立ち上がりから3赤木、13山野のプレスで押し込むと、20分28秒、10武石がキックインからミドルシュートを鮮やかに決める。3−0。
攻め続けるデウソン神戸。
23分57秒、14佐川が浜田のクリアボールを拾うと自らドリブル、相手をかわしてシュート。ゴールネットを揺らす。4−0。
27分44秒、浜田GKがボールをキャッチすると13山野に後方から激しくぶつかりPKを獲得。10武石が冷静に決めてハットトリック。5−0。
30分9秒、9佐々木が自ら強烈なプレスをかけ浜田のミスを誘う。パスミスをカットした18小西からのセグンドへのパスを決める。6−0。
37分35秒、CKから9佐々木が豪快に決める。7−0。
浜田も終盤前からのプレスで一矢報いようとするも、GK12江波戸が立ちはだかる。
7−0で試合終了。
入場制限700名の8割を超える575名の観衆の前で、勝利を収めることができた。雨にも関わらず会場に足を運び応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

前節の浜松戦から約3週間、改善に取り組んだ成果が存分に発揮された試合であった。選手全員がそれぞれの個性を発揮し、試合終了まで精一杯走り抜き一体感あるプレーを続けたことは、今後につながるであろう。
一方で、浜田の倍以上のシュートを放つも決定機を外すーンも目立ち、また第1ピリオドはシュート数も少なく、このあたりは改善が求められる。

第4節vs広島、第5節vsしながわと3週連戦。上位との戦い。
F2制覇を狙う上で勝たなければならない連戦に向け、デウソン神戸の更なる上昇を期待したい。

監督・選手コメント

<鈴村拓也監督>
結果・内容共に良い試合をすることができました。
前半中盤まではゴールを決められず我慢の時間帯もありましたが、一点目を良い形で決めることができてからは上手く流れを掴め、後半にも繋げていけました。
後半も継続して高い強度でのプレーで、決めるところをしっかり決めたことにより点差も広げることができました。
今日の試合から3週連続で試合があり、中断期間に入ります。
あと2連戦もチームとしてまとまって戦えるよう、分析・対策をしていきます。
最後になりますが、ホームで久しぶりに皆様の前でプレーすることができました。
このような雰囲気の中で試合ができ、とても嬉しく思います。
これからも応援よろしくお願いします。

<10武石高弘選手>

ホーム開幕戦ということで、まずは勝利する事ができホッとしています。
条件付きで今一つ盛り上がりに欠ける所はありますがたくさんのお客さんの前でプレーでき、個人的にはかなりテンション高く試合する事が出来ました。
課題の立ち上がりの部分で課題を残すも大量得点、無失点で楽しんで頂ける試合内容だったのではと思います。
大事な連戦が続きますので、勢いこのまま連勝します!

<12江波戸紘之選手>
まずは、このような状況下にも関わらず、来て頂き、最高な雰囲気を作ってくださった、観客の皆様並びに関係各所に感謝申し上げます。
結果として無失点で勝つことができ、チームとして最高の結果が残せたと思います。
個人的には、怪我で昨シーズン途中から離脱する中でようやくピッチに立つことができ、チームに貢献出来たことが本当に良かったです。
復帰まで支えてくれた、トレーナーの吉田さん含めチームスタッフに感謝したいです。
ここからまた2戦大事な試合がある為、しっかり準備して勝ち続けます。
引き続きデウソン神戸の応援よろしくお願いします。

<20岡本生成選手>
コロナ禍のなか様々な方々のご協力やご理解のもと、沢山のお客さんの中でプレー出来たこと幸せでした。
感謝申し上げます。
試合は前半、あまりいい流れではない時間を乗り越えることができたことで徐々に自分たちのペースに持ち込むことができました。
後半も得点を重ねる中でピンチも何度がありましたが無失点で試合を終えることができ良かったと思います。
個人的には点を取ることができましたが
もっとプレーの質をあげなければと思っています。
来週の試合に向けてしっかりと修正をして勝利を掴みます!来週も共に闘いましょう!

<分析コーチ 梶本翔平>

ホーム開幕戦で初めてFリーグの試合のベンチ入りしました。
両チームの熱気や想いに乗せられ、とても楽しく、あっという間の40分間でした。
この試合に関わる全ての皆様に感謝申し上げます。
チームや選手の力になれたかは分かりませんが、選手がピッチで最高のプレーができるよう、これからもサポートしていきたいと思います。

 

 

 

⚽️次の試合のお知らせ⚽️

6/26(土)15:30 kickoff🔥

デウソン神戸 vs 広島エフ・ドゥ

会場は浜松アリーナで行われます!たくさんの応援よろしくお願いします📣

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE