デウソン神戸

2020-2021シーズン退団選手のお知らせ

2020/2021シーズンをもちましてデウソン神戸を退団する選手が決まりましたので、選手コメントと併せてお知らせいたします。
退団する選手のデウソン神戸での努力に敬意を表しますとともに、それぞれの新たなステージでのご活躍をお祈り申し上げます。

No.3 高月 泰聖

今シーズンでFリーグを引退し、デウソン神戸を退団する事になりました。
約4年間、デウソン神戸では選手としても人としても沢山の事を学び成長する事ができました。
自分の中でデウソン神戸はファミリーという存在で、良いときも悪いときも、監督、チームスタッフの皆さん、これまで共に戦ったチームメイト、ファン、サポーターの皆さん、そして家族のおかげでこれまで頑張る事ができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
次のステージでも自分らしく頑張りたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。

No.6 岡村 拓海(Fリーグ特別指定選手)

大学を卒業し就職に伴い神戸を離れることとなり、今シーズンでデウソン神戸を退団する事になりました。
お世話になった監督・スタッフや選手、そしてクラブを支えてくださっているスポンサーの方々、サポーターの方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
私は一年間という短い時間の中で、なかなかチームに貢献できず、苦しい時間が多かったですが、沢山の応援、サポートのおかげでピッチに立ち、闘うことができました。この舞台で得ることができた貴重な経験を今後に活かしていきたいと思います。
たくさんのご支援本当にありがとうございました。

No.7 大北 正志

この度、デウソン神戸を退団することになりました。
今シーズンは、チームに貢献できず、シーズン当初に思い描いていた姿との乖離に苦しみ続けた不甲斐ない1年を過ごしました。
今思い返しても、力不足を痛感するばかりですが、同時に、チームメイトをはじめ、スタッフ、ファン、スポンサーの皆さまに少しでも関わり、共に闘うことが出来、かけがえのない時間になったと感じております。
私は退団致しますが、全力でフットサルに取り組むデウソン神戸をどうぞ引き続き応援していただけますと幸いです。
ありがとうございました。

No.11 長谷 大地(Fリーグ特別指定選手)

就職により関西を離れる事になったため、今シーズンでデウソン神戸を退団することになりました。
昨年の加入から約1年半、沢山の方々のサポートがあり選手として成長することができました。
応援してくださったファンサポーター、スポンサーの皆さま本当にありがとうございました。

No.16 瀬野 健太

今シーズンを持ちましてデウソン神戸を退団することになりました。
監督、スタッフ、スポンサーの皆様、チームメイト、そしてサポーターの皆様には本当に感謝しています。
短い間でしたが、本当にありがとうございました。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE