デウソン神戸

No.19 藤原 裕也

こんにちは。デウソン神戸19番のフジこと、藤原裕也です!
前回のブログでは、自分の大学のことについて書いたので、次は出身高校のことを紹介したいと思います!

僕は岡山県津山市にある、作陽高校に通っていました。

ちなみに津山市とは、B’z稲葉の出身地であったり、漫画ナルトの作者の岸本先生も作陽卒業生です。
その他にも有名人を多数輩出した町です。

ですが、ものすごく田舎です。笑
冬になれば、毎日のように雪もすぐに積もります。

そんな所で、僕は2年生までサッカー、3年生にはフットサルをしていました。

ここで多くの人が、
高校でフットサル?
サッカー部?フットサル部?どっち?
と疑問に思う方もいると思います。

高校からフットサルを本格的にやる高校は珍しいと思います。
厳密に言うと、しっかり3年間サッカーをしていました。
しかし、3年生になると、フットサルの大会に出場するために、希望者はフットサルで全国制覇を目指すという選択もできます。
僕はサッカーのトップチームに入れなく、高校サッカー選手権のメンバー選考にも絡めなかったことや、元々、フットサルに興味があったことからフットサルを選びました。

フットサルを始めてからは、サッカーで使える技術など新しいことが学べるのでとても新鮮な気持ちで取り組んでいました。
作陽高校出身のFリーガーも今では少しずつ増えてきています。
高校に入って本気でサッカーやフットサルをしたいと考えてる子には、作陽高校をおすすめします!!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE