デウソン神戸

サテライト試合結果

兵庫県TOPリーグDiv.2

2020.10.18 後期第1節@アスコフットサルパークMAYA
前期リーグを全勝の首位で終えたデウソン神戸サテライト。
後期は、前期リーグ2コグループの上位2チームずつ、合計4チームでの上位リーグ戦。前期の成績はクリアされる厳しい条件で、アドバンテージの消えたデウソン神戸サテライトは、悲願の優勝に向け全勝を誓い、初戦に臨んだ。

デウソン神戸サテライト 5−1 宝塚フットサルクラブ
【得点者】
高月、金尾、濱崎2、小西
<ゲームレポート 鈴村拓也>
前半 2-1
後半 3-0
合計 5-1 勝利
【1点目】 高月
右サイドから中に運び左足でのミドルシュート炸裂
【2点目】 濱崎
こぼれ球を左足で相手のディフェンスの足元を抜くダイレクトシュート一閃
【3点目】 金尾
クワトロから相手ディフェンスのライン間を奪い、最後はセグンドへのダイレクトパスを綺麗に流し込む。
【4点目】 濱崎
3点目と同じようにフィールドプレーヤーのリズム良いクワトロから崩しから最後はセグンドで綺麗に流し込む。
【5点目】 小西
三度リズム良いクワトロからの崩し、ワンツーからセグンドへの綺麗な崩しから最後はダイレクトで小西が流し込む。

※総括
主導権を握り続け、テンポ良いボール回しと、高い強度のディフェンス、ハードワークし続けることができことが勝因でした。
特に後半の攻撃時のゴールまでのプロセスは選手の成長を感じられました。
皆、自信を持ち相手のディフェンスに対して自チームの戦術をマッチさせてゴールからの逆算してプレーが多々ありました。
次節12/13(日)まで期間が空きますので、そこまでにしっかりと強化し更なる成長した状態で次節を迎えられるよう、より一層トレーニングに励んでいきます。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE