デウソン神戸

地域清掃活動(BE KOBEモニュメント)

2020.10.5
恒例のBE KOBEモニュメント清掃活動に、鈴村監督と岡村拓海選手が参加しました。
地域の皆さんとの共同作業。
岡村選手は初めて参加し、「自分の心が洗われる活動。地域貢献を通じてデウソン神戸をしてもらいたいです。」とコメントしてくれました。

デウソン神戸は、神戸市のメリケンパークにある「BE KOBEモニュメント」の清掃活動に参加させていただいています。
有志の皆様で毎月1回集まり清掃活動を継続されています。

「BE KOBEモニュメント」は、2017年に神戸開港150年を記念してメリケンパークに新たに設置されました。
いつもたくさんの人たちで賑わうメリケンパークの中でも、とりわけ人気の高い写真撮影スポットです。
「BE KOBE」という言葉は、阪神・淡路大震災から20年をきっかけに生まれた「神戸の魅力は人である」という思いを集約したシビックプライド・メッセージです。「BE KOBE」には、新しいことに挑もうとする人や気持ちを愛する、そんな神戸を誇りに思う気持ちが込められています。(神戸公式観光サイトより)

デウソン神戸を運営する一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブは、スポーツを通じた地域社会への貢献を活動理念の一つとしています。
トップレベルのスポーツ競技に打ち込む選手たちが、住民の皆様と共に協働し、地域社会に貢献する。
スポーツ以外の分野で貢献できる選手、クラブになることがスポーツ文化を根付かせていく礎になります。
人としての成長が選手としての成長にも役立ちます。
デウソン神戸と地域活動を共に行っていただける団体様、ぜひお気軽にお声掛けください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE