デウソン神戸

フットサル×地域農業の取り組み(販売中)

▶選手が大切に育てた豆をご賞味あれ!ご注文はこちらから

2020年より、デウソン神戸では地域社会貢献活動の一環として丹波篠山で黒豆の栽培を開始しました。

選手が子供たちと一緒に農作業をしたり、選手自ら収穫した黒豆をファンやサポーターに配布するなどして、日頃応援してくださっている皆様に感謝の気持ちを伝えるとともに、地域の第一次産業の発展に貢献出来ればと思っています。

NEWS
2020/08/04 選手による黒豆栽培活動について神戸新聞で紹介されました

世界に一つだけのデウソン神戸選手お手製の黒豆が出来るまで・・・

5月下旬

1st STEP


種豆用に育成した無選別の黒豆達。
これから上等だけが選抜されて冷蔵庫へ。緊張の選考会です。
6月上旬

2nd STEP


限られた枠を射止めたスタメンだけがトレーに入り、種入れ完了。
ハウスを閉めて数日温めます。
4日後

3rd STEP


いよいよ発芽。しかし万全とは行かなかった模様。
スタートを失敗してしまった種が結構います。
6月下旬

4th STEP


出足は遅れたけれど順調に育苗。
除草剤を使わない畑はすぐに草が伸びる、雑草の壁の間に選手たちが植え付けます。
7月上旬

5th STEP


雨ばかりの7月。ピッチコンディションは最悪。
黒豆作りの重要行程、第一期土寄せを有志の若者達と行いました。
7月下旬

6th STEP

終わらない梅雨。またしてもコンディション最悪。
最重要行程、第二期土寄せを機械を使わず必死にクワで行う選手達です。

8月上旬

7th STEP

一番乗りの花登場。続いて開花する小さな花たち。
こっそり控えめな黒豆の花。でもよく見たらしっかりマメ科の花ですね。

8月中旬

8th STEP

横転防止の杭を打ち、ロープで豆を支える。
台風の気配はなしだが、転ばぬ先の杖。後は見守ります。

8月下旬

9th STEP


知らない間に莢が登場!いよいよ豆が出来そう。
このまま無事に大きく膨らんだら皆さまのもとへ旅立ちます。

10th STEP


葉っぱを取って、良い豆だけを残して商品に。
去年や一昨年の豆を超えられるでしょうか、期待と不安が交差します。
10月の収穫まであと暫らくお待ちください。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE