デウソン神戸

【馬場選手ブログ】大学時代 4回生編 PART3

357 views

こんにちは!馬場翔太郎です!

今回のテーマは学生時代の写真という事ですが、僕は今まで惜しみなくブログに掲出しているので、今回は大学時代編を書いていきます!

前回の大学時代編はこちら↓
https://deucaokobe.org/15876/

インカレを終え、4回生はここで一旦このまま続けるか、引退するのかの決断をしました。

僕は当然このまま続けると言う選択肢を選びましたが、数名の4回生は引退してしまいます。
覚悟していましたがやっぱり寂しかったですし、最後まで一緒にやりたかったと今でも思います。
それでも、引退した同級生の分まで頑張って、関西リーグ昇格に向けて再スタートを切りました。

と同時に、自分自身の引退までも後わずか、後輩の育成にも力を入れていきました。

練習で自分自身の経験や技術を伝える事はもちろん、点差がついた試合や試合数の多かった学生リーグでは後輩に出場してもらったりと、できる事をやったつもりです。
大学の授業も単位を殆ど取り終えていて時間があった事もあり、サテライトの練習にもできる限り行きました。
この期間は本当にフットサル漬けでしたね。
周りの友達は旅行に行ったり残り学生時代を謳歌していましたが、全然羨ましくなかったし、とても充実した時間でした。


兵庫県リーグでは苦戦した試合もありながらも、順調に勝ち星を重ね、なんとか最終節を待たずに関西チャレンジリーグへの出場を決める事ができ、全日本選手権に挑みました。
僕自身にとって、神戸大学を強く意識するようになった大会です。

2次予選からの出場(今では全てノックアウト方式みたいですね、恐ろしい😂)で、2次予選を通過し、決勝トーナメントに進出しました。入ったブロックは3回勝てば関西大会出場、順当にいけば関西大会をかけて神戸大学と当たると言う組み合わせでした。

トーナメント一回戦は同じ県一部のレボルタ姫路さん。

しっかりと勝ちたいところでしたが、レボルタさんの体を張った守備とゴレイロのスーパーセーブに大苦戦。2-2でPK戦に入りました。

PK戦でも、1番手、3番手が止められ、決められたら敗戦というところまで追い込まれます。
しかし「何としてでも関西大会に出たい。もう一度神大を倒したい。」この気持ちが自分を奮い立たせてくれたのか、PKを3本セーブすることができ、何とか次の試合に進む事ができました。

自分自身この試合は大きな自信となった試合だったので、今でもとてもよく覚えてますし、映像を見返す事もあります。笑

神大と当たる準決勝まで後2つ。以後の試合については次回また書いていきます。

本日はこの辺で。お読みいただきありがとうございました!

馬場 翔太郎 SHOTARO Baba GK 2

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE

スポンサー募集!

デウソン神戸公式HPでは、バナー広告を掲載しています。 公式HPのバナー広告収入は、デウソン神戸公式HPの運営のほか、Fリーグで活躍する選手たちの活動費用などに利用させて頂きます。