デウソン神戸

選手による黒豆栽培活動について神戸新聞で紹介されました

2020年7月27日に神戸新聞NEXT(WEB)に、2020年8月14日に神戸新聞(紙面)にデウソン神戸の選手による丹波篠山での黒豆栽培についての活動が取り上げられましたのでお知らせいたします。

5人制サッカー・フットサルのFリーグ2部、デウソン神戸の選手らが今年、兵庫県丹波篠山市内で活動して汗を流している。ただし試合ではなく、農作業で-。普段は屋内のコートに立ち、足技で魅了する選手は6月、約3千本の黒豆の苗を手植え。7月26日には、神戸市のフットサルクラブの子ども45人と、土寄せや草抜きを行った。今秋には、作物と共にサポーターへ感謝の気持ちを届ける予定だ。

掲載記事はこちら
プロフットサル選手が農作業に汗 黒枝豆をサポーターやスポンサーへ(2020/7/27 05:30神戸新聞NEXT)

活動の詳細はこちら
デウソン神戸社会貢献活動

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE